【MLB】アストロズ(HOU)はどうなる?サイン盗み騒動・2020年シーズンへ

スポンサーリンク
日記

こんにちは!今回はアストロズについて簡単に紹介したいと思います。2019年オフシーズンにサイン盗み騒動が発覚し、MLB全体から猛烈に批判されています。今年は完全にマークされるであろう中、どんな成績を残せるかが注目だ。
【DAZN】初月1ヶ月無料お試し👈👈👈

ヒューストン・アストロズ(HOU)

アメリカンリーグ西地区

ワールドシリーズ優勝1回(2017年)

絶対的エースを擁する投手陣&レベルの高い打撃陣

アストロズの強さは投打バランスの取れた選手がそろっているところだ。

スポンサーリンク

ジャスティン・バーランダー

平均153km/hのストレートにカーブ・スライダー・チェンジアップと三振の山を築くピッチャー。イチローは「ストレートだけでなく、どの変化球も一級品。いいピッチャー。」と絶賛している。

2019年サイヤング賞受賞。37歳とベテランながら圧倒的な投球をする。   MLB最高投手の一人であり、絶対的エース。


ザック・グレインキー

通算205勝を誇るエース級の投手。昨年はトレードで途中加入し18勝5敗の成績で地区優勝、WS進出に貢献した。

サイヤング賞や最優秀防御率など多くのタイトルを獲得してきた。36歳とベテランながら衰えを見せない。

ジョージ・スプリンガー

パワーとスピードを兼ね備えた核弾頭。1番バッターとして相手に脅威を与えている。昨年は、打率.292、ホームラン39本という成績。サイン盗みが疑われる中、今年の成績で実力を証明したい。

走攻守そろった万能選手。大舞台にも強く、チームの中心選手の一人。

ホセ・アルトゥーベ

身長167cmと小柄ながらヒット、ホームランを量産するチームの核。サイン盗み騒動でも電子機器の使用が疑われるなど、批判が集まっている。昨年は31本塁打。

高打率でホームランも年々増加している。2017年MVP。

アレックス・ブレグマン

25歳と若く、年々成績が向上。昨年は41本塁打、112打点の活躍で、MVP投票2位だった。走攻守ハイレベルの次世代スター選手

サイン盗みが大きく疑われる。打線のポイントゲッター。

ユリエスキ・グリエル

若い時からMLBからの評価が高かった。DeNAベイスターズでもプレーした。昨年は打率.298、31本塁打、104打点とキャリアハイだった。

長打力抜群のパワーヒッター。強力打線の一角を担い活躍している。

 

タイトルとURLをコピーしました