日本史上最高アスリート!大谷翔平のルーツとは? おすすめの本を紹介~

スポンサーリンク
日記

こんにちは!コロナウイルスの影響によりスポーツもイベントも中止が相次いでいます。日常に野球がない世の中は楽しみが半減しますね。日に日に増える感染者によって日本も危機感が強まってきました。家で過ごす人が多くなった分、家族と過ごす時間が増えた方、逆に一人暮らしの方は孤独な生活になっていると思います。楽しくない日常は時間が過ぎるのが長く感じます。そんな中で今回は「家で本を読もう」ということでおすすめの本を紹介したいと思います。かなり限定的に絞って「大谷翔平」に関する書籍を紹介します。

スポンサーリンク

不可能を可能にする 大谷翔平120の思考

~概要~
2016年、北海道日本ハムファイターズを投打に渡って牽引し、日本一へと導いた大谷翔平。いまや、メジャーリーグから熱い注目を集める大谷の“二刀流”ではあるが当初は各評論家から『不可能』『非常識』と批判的な意見ばかりであった。この四年間で、大谷は周囲の想像を超えた驚愕の成長を遂げ
いまでは誰もが“二刀流”を賞賛するまでの実力を手に入れた。なぜ、大谷翔平は『不可能』と『可能』となしえたのか?その鍵は、大谷が培ってきた彼の一流の思考にある。挫折と向き合うこと、自分を信じ切ること、孤独を恐れないこと、 謙虚でありつづけること、そして夢を描き続けること…… 。大谷の思考のひとつひとつが今日のワールドクラスの“二刀流”を育んだのである。本書は、そんな大谷思考を彼自身の言葉で浮き彫りにした語録集である。大谷語録を読めば大谷の成功のベースとなった思考を知ることができる。同時に大谷思考を読み解けばそこには生きるためのヒントが散りばめられていることを感じとることができる。

道ひらく、海わたる~大谷翔平の素顔~


~概要~
決断(手術)を経て、メジャー3年目の「勝負の年」まだ見ぬ自分を探す旅へ「今は、マウンドに上がったその先を考えている」――大谷翔平《挑戦するマインド》は、いかに育まれたのか。10年におよぶ取材の集大成がここに!メジャー挑戦の最大にして唯一の理由大谷家のリビング/末っ子気質/食が細かった子供時代「/野球ノート」に記された3つの教え「/目標設定シート」に掲げた163キロ「/二刀流」の発端「/宿題」は重ければ重いほどいい「/一番・ピッチャー・大谷」球史に刻まれた奇跡/二刀流のトレーニング/ピッチャーとしてはまだ50%しか能力を発揮していない/打率10割で100%の納得「/正解を探しに行く」ほか

大谷翔平86のメッセージ

メジャーリーグに挑戦するという大きな夢を叶えた大谷翔平の珠玉のメッセージ集。ワザを磨くときの心構えや、モチベーションを保ち続ける法、目標や人生の選択について……大谷のなにげない言葉から、スポーツ心理学の権威、児玉光雄がそのすごい成果をあげる心理をわかりやすく読み解く!
想像を絶する量の練習をも楽しみながらこなせるのは、なぜか? 大谷の真の素顔が見えてくる。あなたの中に潜む才能を見つけ、磨き、花開かせるために!大谷が日々心をこめて実行していた習慣を紹介。「そうやって自分にプレッシャーをかけないと努力しないので」「よかったときよりも、悪かったときのほうが記憶に残るんです」「僕は単純に練習が好きなんです」「練習を誰かと一緒にやるのは嫌です。トレーニングを見られるのも嫌です」「チームの柱として頑張っている姿を想像するのはすごく大事なことかなと思います」

大谷翔平 二刀流の軌跡

~概要~
私も買いましたが、最高です!!超オススメ!!

大谷翔平・羽生結弦の育て方 子どもの自己肯定感を高める41のヒント

~概要~
世界を驚かせ続ける2人の共通点とは――
メモ魔だった!「自分はできる」と信じ続けた! スポーツ心理学の第一人者が分析。わが子に自信をもたせるために、親ができること大谷翔平・羽生結弦は、子どものころ何を考え、親から何を教わり、夢を叶えたのか。 スポーツ心理学の第一人者が、2人の発言や子ども時代のエピソードを心理学的なアプローチで分析し、大谷・羽生の原点に迫った、子どもを持つ親向けの一冊。2人には小さいころから自己肯定感が非常に強い、メモを常に持ち歩いてなんでも書き留めていた、などの共通点があった「自発的に行動させる」「モチベーションを高める」「プレッシャーに強くなる」「最後までやり抜く力をつけさせる」などテーマ別に、将来夢をかなえられる子どもに育てるためのヒントを専門家がアドバイスする

タイトルとURLをコピーしました